worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

トピックス TOPICSRSS XML FEED

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作
2017.06.14 【ニュースレター】 2017年英国総選挙の結果:膠着状態か敗北か / UK General Election Result 2017: Stalemate or Checkmate for Business?
2017.06.08 【ニュースレター】 連邦最高裁、TC Heartland事件において特許訴訟裁判地法を見直し
2017.06.06 【著作】 丹羽 大輔弁護士が執筆した「フェア・ディスクロージャー・ルールとは?7つのポイントを解説」が『The Finance』に掲載されました
2017.05.22 【採用】 2017年度 伊藤 見富法律事務所の事務所説明会について
2017.05.22 【ニュースレター】 国際的腐敗行為防止事件の展開 2017年3月の10大ニュース
2017.05.15 【ニュースレター】 臨床研究に関する新しい法規制
2017.04.20 【ニュースレター】 欧州 M+A 市場について 2017年 春
2017.04.19 【ニュースレター】 米国 入国審査官の携帯電話検査はあり?
2017.04.13 【紹介】 モリソン・フォースターのチェンバース&パートナーズによるJapan International Law Firm of the Yearの受賞が、フジサンケイビジネスアイの記事「法律事務所評価で5年連続6回目となる日本最高位を獲得 モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所」に掲載されました
2017.03.31 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズの2017年度アジア・太平洋アワードにおいて、6度目となるJapan International Law Firm of the Yearを受賞しました

一覧ページへ/Further List of Topics

2017.03.31 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズの2017年度アジア・太平洋アワードにおいて、6度目となるJapan International Law Firm of the Yearを受賞しました
2016.04.25 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズにおいて、5度目となるJapan International Law Firm of the Yearを受賞しました
2015.06.19 【受賞・評価】 ALB Japan Law Awards 2015 において、IP Firm of the Yearを受賞しました
2015.05.14 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズの2015年度アジア・太平洋アワードでJapan International Law Firm of the Yearを受賞しました
2015.02.10 【受賞・評価】 Chambers Asia Pacific 2015において、高い評価を受けました
2014.06.19 【受賞・評価】 ALB Japan Law Awards 2014において、International Deal Firm of the Yearをはじめ6部門において受賞しました
2014.02.19 【プレス・リリース/受賞】 チェンバース&パートナーズの2014年度アジア・太平洋アワードでJapan International Law Firm of the Year 、ならびにケン・シーゲルがOutstanding Contribution to the Legal Professionを受賞しました
2014.02.19 【受賞・評価】 Chambers Asia Pacific 2014において、高い評価を受けました
2013.12.16 【受賞・評価】 Chambers Asia Pacific Awards 2014 -モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所が、国際法律業務部門においてJapan International Law Firm of the Yearにノミネートされました
2013.11.15 【受賞・評価】 The Legal 500 Asia Pacific 2014において、高い評価を受けました

一覧ページへ/Further List of Topics

2017.01.16 【講演】 浅野 裕紀弁護士がセミナーインフォ主催のセミナー「プロジェクトファイナンス・PFIの基礎と実務」にて講師を務めました
2016.09.02 【講演】 細川 兼嗣外国法事務弁護士、内田 光俊弁護士が、KPMGジャパン主催のセミナー「外国籍企業向け東証上場」にて講演を行います
2016.06.15 【講演】 ルイーズ・ストゥープ外国法事務弁護士が、ALB Japan IP Conference 2016 (主催:Asia Legal Business  協賛:モリソン・フォースター 他)にて、「Protecting Trade Secrets Across International Borders」と題する講演を行います
2016.05.18 【講演】 細川 兼嗣外国法事務弁護士、内田 光俊弁護士が、米国サンフランシスコにて開催の、KPMG LLP主催のセミナー「Listing on Tokyo Stock Exchange for U.S. Companies」にて講演を行います
2015.10.16 【講演】 雨宮 慶弁護士が公益財団法人 公正取引協会主催のセミナー「競争政策の国際的展開と企業活動の留意点」にて講師を務めます
2015.09.07 【講演】 平山 賢太郎弁護士が公益財団法人公正取引協会主催の独占禁止法講座にて講師を務めます
2015.07.29 【講演】 平山 賢太郎弁護士が日本ライセンス協会主催の月例研究会にて、「中国独占禁止法の最新動向とライセンス実務への影響」と題する講演を行います
2015.07.28 【講演】 平山 賢太郎弁護士が、日本弁護士連合会主催の独禁法シンポジウム「これからの独禁法」にて、公取委の流通・取引慣行ガイドラインの改正動向について講演を行います
2015.04.20 【講演】 細川 兼嗣が、有限責任 あずさ監査法人主催のNASDAQ&米国店頭市場セミナーにて、「OTC市場と米国上場市場:米国証券取引法に関する重要な検討事項 」と題する講演を行います
2015.03.16 【講演】 丹羽 大輔弁護士が金融財務研究会主催のセミナーにて講師を務めます

一覧ページへ/Further List of Topics

2017.06.06 【著作】 丹羽 大輔弁護士が執筆した「フェア・ディスクロージャー・ルールとは?7つのポイントを解説」が『The Finance』に掲載されました
2017.04.13 【紹介】 モリソン・フォースターのチェンバース&パートナーズによるJapan International Law Firm of the Yearの受賞が、フジサンケイビジネスアイの記事「法律事務所評価で5年連続6回目となる日本最高位を獲得 モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所」に掲載されました
2017.02.07 【著作】 丹羽 大輔弁護士が執筆した「アルゴリズム取引とは?アルゴリズム高速取引の実態と規制動向」が『The Finance』に掲載されました
2016.12.20 【コメント掲載】 矢倉 千栄弁護士のコメントが、『日経産業新聞』の「ビジネスQ&A」に掲載されました
2016.12.09 【著作】 丹羽 大輔弁護士が執筆した「時系列に沿って考える証券監視委の審査・調査の実際と企業側の対応の勘所」が『旬刊 経理情報』に掲載されました
2016.09.30 【コメント掲載】 ジェームズ・ロビンソン外国法事務弁護士のコメントが、『日経産業新聞』の「エキスパートの視点」に掲載されました
2016.09.21 【著作】 丹羽 大輔弁護士が執筆した「AIによるアルゴリズムトレードの法的問題点」が『ビジネス法務』に掲載されました
2016.09.21 【著作】 弊所の外国法事務弁護士・弁護士が共同執筆した「デジタルヘルス: その動向と検討すべき法的課題」がBUSINESS LAW JOURNALに掲載されました
2016.09.16 【著作】 丹羽 大輔弁護士が執筆した「Market Manipulation Using High Frequency Trading and Issues Facing Japan」が『Japan Lawyers Guide』に掲載されました
2016.08.22 【コメント掲載】 矢倉 千栄弁護士のコメントが、『日本経済新聞』の記事「汚職防止 規制強化の波 日本企業も引き締め急ぐ」に掲載されました

一覧ページへ/Further List of Topics