Home > 弁護士・外国弁護士のご紹介 > モリソン・フォースター法律事務所 > 弁護士別 > オブ・カウンセル

オブ・カウンセル

  • 大間知 麗子 Reiko Omachi

    オブ・カウンセル
    銀行・証券・保険関連の金融取引法務、ストラクチャード・ファイナンス、デリバティブおよび一般企業法務を中心に担当し、国内外の銀行または証券会社等に対する業規制関係のアドバイスをとくに多く行っている。

  • 亀高 聡子 Satoko Kametaka

    オブ・カウンセル
    M&Aやプライベートエクイティのほか、アクイジション・ファイナンス等のファイナンス取引、その他一般企業法務を含む国内外の様々な案件について法的助言を提供。
    第一東京弁護士会所属。米国ニューヨーク州にて弁護士登録。

  • 木村 智彦 Tomohiko Kimura

    オブ・カウンセル
    独占禁止法(競争法)に関連する案件全般を取り扱うほか、訴訟・紛争解決、コンプライアンス・内部調査などを手掛ける。第二東京弁護士会所属。

  • 齋藤 礼子 Reiko Saito

    オブ・カウンセル
    主にデベロッパー、投資家、及び金融機関を代理して、クロスボーダーのエネルギー及びインフラプロジェクトを取り扱うほか、企業買収(M&A)・企業再編、コンプライアンス、その他全般的な企業法務についての助言も行う。また、各種債権・不動産の流動化その他の一般のファイナンス案件も取り扱う。

  • 丹羽 大輔 Daisuke Niwa

    オブ・カウンセル
    不動産取引、ファイナンス、M&A、労働問題、訴訟、刑事弁護を含め、幅広い実務経験を有する。特に、不動産、債権等のアセットを裏付けとした証券化取引や、金融商品取引法を含む金融規正法を中心とした分野に強みを持つ。

  • 清水 航 Wataru Shimizu

    オブ・カウンセル
    労働案件全般(労働条件整備、人員削減、労働紛争等)に従事。国内外の紛争案件、及びM&Aを含む幅広い企業間のクロスボーダー取引にも携わる。

  • 三浦 広詩 Hiroshi Miura

    オブ・カウンセル
    主な業務分野は、銀行その他規制対象企業のM&A、コーポレートファイナンス、及び新規株式公開(IPO)や優先証券の募集・売出し等のエクイティファイナンスなど。

  • 米山 一弥 Kazuyasu Yoneyama

    オブ・カウンセル
    独占禁止法(競争法)関連事件およびIP関連事件を中心に取り扱う。独占禁止法関連国内案件の他、クロスボーダー競争法違反事件への対応経験を持つ。

page up